物件の違いを把握する|アパート投資を円滑に進めるためのポイント

アパート投資を円滑に進めるためのポイント

お金を持つ人

物件の違いを把握する

男女

投資用マンションの購入を検討する際に知っておくと良い情報として挙げられるのが、新築物件と中古物件の違いです。新築の投資用マンションは価格が高めに設定されており、多額の初期費用が必要となります。しかし不動産取得税の優遇措置や固定資産税の軽減措置などを活用することができます。一方中古物件は初期費用が比較的安価で抑えられており、それに伴う付随費用も安価で済むため資金に余裕がない人でも購入することは難しくありません。しかし新築物件であった優遇措置などが受けられないといったデメリットも存在します。そのため自身の予算などを勘案し、新築物件を購入するのか中古物件を購入するのかを比較検討して選択することが重要です。

投資用マンションを利用する目的として大きいのが資産活用です。現在銀行などの預金利率はあまり良いとは言えず、なんとか活用したいと考える人は少なくありません。しかし株やFXではリスクが高い上、専門的な知識がなければ利益を得ることは非常に難しいです。しかし不動産投資であればミドルリスクミドルリターンな上、相続税の評価を行う際にも現預金よりも評価額が低いことが多く、結果的に相続税の節税対策に繋がることがあります。また投資用マンションを借入金などを利用して購入した場合、返済が済んだ時点で売却するかそのまま保有するかを選べるのも魅力です。相続税対策の方法で悩まれている方は、一度投資用マンションの購入を検討するとよいでしょう。